160円で空の旅2007.11.12

DSC00085.JPG
いざ!RYANAIR

旅先はライアンエアーのホームページ※を見てから決めていました。
日本にはないチケット販売方法をしている
アイルランドの航空会社です。
まず、
①買う日によって値段が違う。
 私たちが「よしヤッタ!」というチケットの値段は1ユーロ。
 それに税金がプラスされて合計18ユーロ程度だったような・・・。
 私たちは1ユーロの乗客ですが、
 隣に座った人は130ユーロの乗客もしくは
 時々ある無料の乗客という場合も考えられます。
②座席指定はございません。
 早いもん順で好きな座席に座れます。
 ということはスタートが遅れるとバラバラに座る羽目に・・・。
 でも、どこかしかに絶対座席はあるのでご安心を。
③機内のワゴンサービスは有料。
 新幹線のワゴン販売のように巡回してくれます。
 ジュース・コーヒー・サンドウィッチ・スナック菓子等々。
 ほとんどの乗客は購入されませんね~。
以上3点がはじめてライアンエアーを利用したときの驚き事項。
もう一つおもしろい航空会社は、
「MAERSK AIR(メルスク航空)」
こちらは座席がS・M・Lの料金体系。
座席間隔がセンチ単位でS・M・Lサイズとなっている。
「なんでチビッ子がMサイズで私たちがSサイズなのよ」とか
あるおじさんはSサイズを見て、
「Mサイズへ変更してくれ!」と現場交渉など。
自由時間がたくさんあったあの頃、
安いチケットを見つけてはその国へ旅行するという
いまでは考えられない時間の使い方。
感じたことは、
ヨーロッパで飛行機はバスのように手軽な乗り物となっていること。
交通費の高い日本。
もっと変わってくれれば、旅行がもっと手軽になるんだけどな~。