p9260112

プレゼント

テゾーロ君が大好きなトマちゃんの お誕生日には間に合わなかったけれど、 イタリアから無事?届きました。 箱がぐしゃっとなって中身が心配だけど、 届いてくれたことに感謝です!

140508

航空便

相棒ひでに遅れて荷物が2箱届きました。 それにしても黄色い箱を開けるのが怖い・・・ いっぱい投げられたんだろうな~と想像してしまいます。 まっ!ワインが入っている箱でなくてよかったと、 なんだか得した気分に浸っています。 そして無事に届いたことに感謝!感謝!です。 なにしろイタリアの郵便事情は信用できないのでね・・・

140425

ミラノ・サローネ

イタリア出張から無事戻ってきました。 前半はお客さんとミラノサローネやキッチンメーカーへと足を運び、 残りはペルージャへ里帰り。 私とテゾーロ君を残しての出張は淋しかったのか・・・ それとも開放感いっぱいだったのか・・・ですが、 お土産をいっぱい買ってきてくれました。 お土産もうれしいけれど、それよりもみんなの話が聞きたい! 設計事務所のステファノ一家はどうだった? FIAT500を売ってくれたヴ…

130912

ペルージャ

「え~見逃してしまった」と落胆していていたら、 来週9月17日(火)AM8:00よりNHK BSプレミアム「世界ふれあい街歩き」で、 再びイタリア・ペルージャ特集があります。 私たちの事務所名「ViaBARTOLO34」のバルトロ通りや、 ジェラートを食べながら腰かけていた噴水、 犬のうんちがいっぱいあった水道橋など、 2年半住んだ街がたっぷりテレビで紹介されます。 懐かしすぎて・うれしすぎて今か…

自転車

坂だらけのペルージャのチェントロで 自転車に乗っている人は 「このおじさん1人だけ」と言い切っていいほど 自転車は見かけたことはありませんでした 私たちも約2年半は 自転車に乗ったことはなく 日本に帰ってきて 乗れるだろうか・・・と心配したぐらいです なにかと私たちを見つけると 話しかけてきてくれた 衣料品店のおもしろおじさん 今でも元気に 電動自転車乗ってるかな~

ジェラート

シチリアのジェラートは、パンにはさんでくれてボリューム満点です! 子供でもなく年頃でもないおじ様達が 1・2・3・4人 いや奥にもお一人様 ジェラートを美味しそうに楽しんでいるところを 思わずパチリ!と撮ってしまいました イタリアではおじ様だってジェラートを頂きます やっぱり美味しいからかな~ それにしても日本ではなかなかお目にかかれない光景です! 後に、相棒ひでもうれしそうに頂きました!

カスターニャ(Castagna)

火をおこしは、相棒ひでの担当! この時期の楽しみは「カスターニャ(栗)」でした 日本のような大粒ではなく 小ぶりの栗にカッターで切れ目を入れ 栗専用の穴あきフライパンでコロコロ焼きます ガスコンロ上でもよし 暖炉でもよし パチッ!とはじけたら出来上がり~ 「ヴィーノ・ノヴェッロ(イタリアワインの新酒)」と「焼き栗」が 秋の夜の楽しみでした。 そういえば 穴あきフライパンを持って帰って来たけれど 日…

9月

  9月だというのに 厳しい暑さが続いてヘトヘトです。 イタリアではあちらこちらに水飲み場があって ペットボトルを持ち歩かなくても のどの渇きを潤してくれます。 いつも気になっていたのは 水が流れっぱなしで もったいないな~と感じていたこと。 でも、だから、美味しかったのかな~と感じています。 修道士の人もこんな感じで  早く涼しくならないかな~

Via BARTOLO34

ヴィンチェンツォおじさんよりうれしい写真が送られてきました 現在の「Via BARTOLO34」です 「このバルトロ通りを何度往復したことか」と涙し 「この34番の重厚な扉を何度開けたことか」と涙し 逆アングル写真も!と ヴィンチェンツォおじさんのやさしさに涙し 今となっては、イタリアのペルージャに2年半も住んでいたことが 夢だったように感じるぐらい 時間に追われた生活にどっぷりです だからこんな…

Le Scarpe(靴)

友宅で、すんごいモノを見せてもらいました ロシア プーチン首相が注文した靴 イタリア ベルルスコーニ首相が注文した靴 イタリアの職人さんが 彼らの足を採寸し 木型を作り  靴に仕立て上げて 数百万円成 いつかは 絶対 きっと たぶん・・・ 注文させて頂きたいな・・・と願っています

本日の夕食

イタリア滞在中の約2年半 なんでかわからないけれど ずーっと夕食を撮り続けていました ちなみに2005年の本日の夕食は 手作りPizzaだったようです 手軽に作っていたあの頃が あ~うらやましい~

 6 月

サルデーニャの海はNO.1!です 6月は大家のフランチェスカおばさん夫婦の 1回目のVacanze(休暇)がはじまります サルデーニャに別荘があり、人より先に約1ヶ月間夏休みを楽しむのです 人より先に行くと海がきれいだとか 人が少なくていいとか言って うれしそうに旅立ちます そして夏休み真最中の8月はおとなしくし 再び、9月に2度目のサルデーニャへ旅立つのです なんてうらやましい生活なんでしょう~…

ペルージャ

この坂を上っていく途中に、フランチェスカおばさんがいる「PANETTERIA IVANA」があります。 なんとなくNHKの「テレビでイタリア語」を観ていたら 次週は、私達が約2年半住んだペルージャのチェントロが紹介されるとか・・・。 そして予告をみてもっと目が覚めました。 なんと! 苦手だった「R」の発音を私に厳しく指導してくれた パン屋のフランチェスカおばさんが 「Buongiorno!(ブォン…

 15分

本日2月4日は、3回目の結婚記念日。 どうしてもこの日にしたかったのではなく 書類を提出したペルージャ市役所に 「2週間後の2月4日にしましょう」と。 それからの2週間が大忙しで いつもとは違う「華のある服?」を探し求め イタリアの習慣である「ボンボニエレ(Bomboniere)」を発注し お食事会の祝宴先を探し 日本の家族へ連絡し 季節はずれのイチゴを探し求め と あっという間の当日 急な日取り…

Vino Novello ヴィーノ・ノベッロ

フランスのボジョレー?ボージョレ?・ヌーボに対して イタリアは ヴィーノ・ノベッロ(Vino Novello) イタリアのスーパーではこんな感じで売られてました。 私達のNovello選択方法は「ラベルとお値段」 一度にこんなに購入しているところをみると きっとお手ごろ価格だったんだろうな~ということが伺えます。 今となってはちょっと出来ない購入方法です。

  復活祭の日の 60日後の 聖体祭の日の 直後の日曜日   少々難しいけれども・・・ 2008年の 今年は5月25日らしく インフィオラータ(L’ Infiorata di Spello)というお祭りが イタリアのスペッロの街であります。 製作時間は1日だけとは思えない 花びらの芸術が 教会までの道のりへと続き 完成数時間後には 神父さんがその上を歩いて 教会へ向かいます。 一瞬の …

やっぱりイタリア車!

「狭山池まつり2008」で 旧名車が大集合すると聞きつけたので行ってきました。 こんな感じで数々の旧名車を撮りまくり   幸運にもアルファロメオの「ジュリエッタ・スプリント・ヴェローチェ」に同乗させて頂いてパレードへ。 こんな感じでみんなからの視線をいっぱい浴びジュリエッタ様々です。 これからは自力で注目されるぐらいにならなければ・・・ね!

ミラノ・サローネ

今年も終わってしまった「ミラノ・サローネ(Milano Salone)」 イタリアに住んでいた頃「一度は行ってみたい」と思いつつ あの頃の私たちにとって大きかった「宿泊」問題。 料金は2~3倍に跳ね上がり その上満室で予約できない状況。 めずらしくもそこでへこたれてしまった。 今となっては、現在かかえている問題に比べると 諦めるほどの問題だったのか~。 まず、日本からミラノへ行く「飛行機代」 あの…

久しぶりの生ハムメロン

様々な職種の方々と話しながら、久しぶりの生ハムメロンを頂きました。 縁がございまして 「イタリア大阪総領事館・イタリア貿易振興会」主催の イベントに招待され???状態で参加しました。 まずは、総領事がお話しをされ 続いて、イタリア貿易振興会の方 最後にイタリア商工会議所の方 合わせて1時間ぐらい イタリア語の世界へ フラフラ~と でもちゃんと日本語に通訳していただけたので 理解?したつもりです。 …

チェントチンクエ

仕事中! イタリアのラジオ放送を聞きながら 毎日仕事をしています。 現在の時差は8時間のはず。 どう考えても時差があるとは思えない ハイテンションなDJとリスナー達。 こちらがお昼の12時だとすると あちらは午前4時のはず・・・。 もしかして録音? それならわかるけれども・・・。 どちらにしても ハイテンションなラジオの方が こちらとしてはありがたいのです。 楽しく!そして勢いで毎日を過ごさないと…

イタリアの建築家がやって来た

約束の5分前に来られました。時間に正確なイタリア人もいるのですね~。次の訪問先は神戸方面と言ってました。大忙し~ いつもの営業マンとは違い 通訳さんと一緒にイタリア人が 私たちの自宅兼設計事務所にやって来た。 彼はイタリアの建築家ファビオ・マロンチェッリさんで トスカーナ州の「家具・インテリア組合」の代表として。 もっとトスカーナの家具を広めるためと どんな家具が求められているかという調査での来日…

設計事務所に届いた謎の小包

ぐるぐるテープ巻きの小包が届いた。 送り主はステファノ。 何度もステファノから小包を受け取っているけれど、 毎回こんな感じの厳重包装。 これは防水用かそれとも防犯用かそれとも・・・。 ステファノの心遣いを感じながら開けてみると 私たちが大喜びするものばかり。 FIAT500の本・FIAT500のミニカー・CD・お菓子等々。 なんといっても楽しかったイタリアの香り! 住宅設計に煮詰まったとき、イタリ…

いつもと違う教会

一番の驚きは、何も無いと思っていた天井のフレスコ画の存在でした。(ペルージャのサン・ロレンツォ大聖堂) 12月25日へと日付が変わる教会のミサはいつもと違う。 普段は薄暗い教会がこの日は眩しいくらいに明るい。 「高いな~」といつも見上げていた天井がライトアップされ、 驚くほど立派なフレスコ画が現れている。 少々おしゃれをした人々であふれる教会は、 年に一度の特別な雰囲気につつまれています。

これは何の実???

この時期によく売られていた木の実たち 手前はすぐにわかったけれども 後ろの木の実達は割るまで??? 割ってびっくり。 さて何の木の実達でしょうか~? まず手前はクルミですよね。 イタリア語で「ノーチェ(Noce)」 右後ろは・・・ 「桃の種か~?」と思ったけれど 「マンドルラ(Mandorla)」アーモンドです。 左後ろは・・・ 「大きいどんぐり~??」 「ノッチョーラ(Nocciola)」ヘーゼ…

日本みかん代表「MIYAGAWA」

毎週土曜日の午前中に開催される青空市場。 スーパーよりも新鮮で安く、日用品等も売られているのでよく行っていました。 みかんの美味しい季節となりました。 イタリアでもこの季節みかんが出回ります。 大ぶりのみかんはマンダリーノ(Mandarino)。 小ぶりのみかんはクレメンティーノ(Clementino)。 「えっ!」と少々高いが買ってしまうのが「MIYAGAWA」 大ぶりでもなく小ぶりでもなく日本…

「CiaoItalia」に行ったけれども・・・。

NEW FIAT 500 友人いやいやその筋のプロフェッショナルが、 「FIAT500」で出場予定と聞いたので「CiaoItalia」へ。 イタリア車ばかりでレースが行われているめずらしい大会。 でも、なぜか?どうしてか??で出場出来なかった模様。 イタリア車だもの、何が起こるかわからない。 イタリアという名がつく大会だもの、何かが起こっても不思議じゃない。 そんなことはイタリアでよくあること。 …

まだまだハナタレ小僧のFIAT500

まだまだ現役だけど いたわりの心が必要な「珍・名車」の集会 「高雄サンデーミーティング」へ初参加?いやいや見学へ。 私の感想は、 「凄い車をみてしまった」の一言でした。 なんで逆3輪なの??メッサーシュミット(西独)とバークレー(英車)。 こちらはイタリア・ペルージャの街でみかけた名車達。この手前の車はなんという名前なのでしょうか?どなたか知りませんか?ピーターパンぽいものが先っぽにいるのですが・…

イタリアからやって来た!

近所の大阪城まで自転車でチャリチャリ~! 昨年の今日、ステファノとディエゴはイタリアから遙々日本へやって来た。 なぜかディエゴの荷物は3日遅れで・・・。 スケジュールは滞在3週間で日本を縦断するということ。 決まっていることはそれだけで、予定はほとんど決まっていない。 だから、気に入ってしまった道後温泉には2日間滞在してしまったり、 奈良はゆっくり宿泊しての観光だけど、 京都は時間が無く日帰り観光…

ほぼ午前中

夏が終わってしまう~ もうすぐ夏休みが終わり、新学期が始まります。 イタリア語で小学校は「スクォーラ・エレメンターレ(Scuola elementale)」 中学校は「スクォーラ・メディア(Scuola media)」 高校は「スクォーラ・スペリオーレ(Sscuola superiore)」 大学は「ウニヴェルシタ(Universita)」です。 授業時間が日本と少々違い, 小・中学校は、月から土…

方 言

ナポリでたまたま通りかかったお店。左はピザ1ユーロ。右は水牛のチーズ・トマト・リコッタチーズをピザの生地にはさんで揚げたもの。1.5ユーロ。 先日、機会があって地域の不動産組合の集まりに参加した。 題目は「商店街をどう活性化するか」ということ。 近くにある桜通商店街を視察した後、 この分野で活躍されている松富さんを交えて、 意見交換が行われた。 驚きました。 漫才口調いや、1人1人が個性のある喋り…