既存住宅かし保険

増改築等工事証明書スピード発行いたします

既存住宅かし保険

中古住宅を購入する際、加入することができる既存住宅かし保険です。
住宅の構造耐力上主要な部分(基礎、土台、柱他)、雨漏り等に対する保証をつけて安心して
購入できる保険です。
この既存住宅かし保険加入により、住宅ローン減税登録免許税減税、不動産取得税、贈与税非課税措置等の減税措置他、すまい給付金受給などにも活用できます。

建物状況調査・ホームインスペクションはこちら

耐震基準適合証明書はこちら

フラット35適合証明書はこちら

空き家の譲渡所得3,000万円特別控除はこちら

料金(税別) 料金改定日:2020年6月1日

中古戸建て (建物検査料 + 保険料の合計金額となります)

建物検査料: 60,000
保 険 料: 延床面積による
          ~100㎡  +55,000
          ~125㎡  +60,000
          ~150㎡  +65,000
          151㎡~  +70,000
オプション: 給排水管路担保特約
                +15,000

中古マンション (建物検査料 + 保険料の合計金額となります)

建物検査料: 50,000円 建築確認日が平成11年5月1日以降
       70,000円 建築確認日が平成11年4月30日以前
保 険 料: 延床面積による
          ~50㎡  +60,000
          51㎡~  +70,000
オプション: 給排水管路担保特約
                +15,000

※検査にて不適合となり、補修後の再検査料は+20,000円となります

対象物件 (全ての項目に該当すること)

中古戸建て

  1. 建築確認日が昭和56年6月1日以降の物件(新耐震基準の建物)
  2. 引渡し前の建物(決済前であること)
  3. 専用住宅(事務所、店舗等の併用物件は対象外となります)
  4. 床下点検口と屋根裏点検口がある
  5. JIO(日本住宅保証検査機構)の定める基準に適合すること

中古マンション

  1. 建築確認日が昭和56年6月1日以降の物件(新耐震基準の建物)
  2. 引渡し前の建物(決済前であること)
  3. 長期修繕計画書が作成されている
  4. 長期修繕計画に基づく修繕履歴が確認できる
  5. 管理組合より共用部分への立入り検査の承諾がとれる
    (建築確認日が平成11年4月30日以前のマンションについては、打撃ハンマーによる現地調査についても承諾がとれること)
  6. JIO(日本住宅保証検査機構)の定める基準に適合すること

必要書類

中古戸建て

  1. 図面(設計図または間取り図)
  2. 建築確認日を確認できる書類(建築計画概要書、検査済証等)

中古マンション

  1. 図面(設計図または間取り図)
  2. 建築確認日を確認できる書類(建築計画概要書、検査済証等)
  3. 長期修繕計画書
  4. 修繕履歴が確認できる書類

保証期間と補償金額

中古戸建て・中古マンション

保証期間: 1年間
補償金額: 最大1,000万円

保険が適用されると判断された場合に補償される金額は最大1,000万円です。
補償対象は補修費用・事故調査費用・仮住まい費用でJIO(日本住宅保証検査機構)が認めるものに限ります。
但し、買主の故意・重大な過失によるもの、洪水・台風・暴風雨・火災・落雷等によるものは、補償対象となりません。
詳しくは、JIO(日本住宅保証検査機構)によって発行される保険付保証明書、重要事項説明書をご確認ください。

補償対象範囲

保険合成-for-WEB

関連リンク   

JIO(日本住宅保証検査機構)
国土交通省HP 住宅税制について
国土交通省HP 各税制の概要
全国の法務局
国税庁

222